スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

CUBASE 7について

前回の記事→ 最低限必要な音楽知識



CUBASE 7について説明していきます。


CUBASEとは、DAW(デジタルオーディオワークステーション)というソフトのひとつです。

同じようなソフトを販売してるメーカーは数多く存在します。
その中から私のブログではCUBASEに的を絞って紹介していきます。

全ての録音、打ち込み、ミックス等の作業をこのソフト上で行うことになります。

CUBASEには、最初から幾つかのソフト(プラグイン)が導入されているので、特に問題なく楽曲を作成できます。

ドラム、ベース音源から、ストリングス、ピアノ、シンセサイザーなども最初から入っています。

また、所持している機材、楽器を使用して録音することが可能です。

ただ、最初から入ってる音に満足出来ないのが挫折への一歩となります。

正直な話で言うと、最初から入ってる音源は、自分が想像している物とはかけ離れてしまいます。
しかし、これは初心者に陥りがちなものであり、実際には使い方次第である程度良くすることが出来ます。

自分の気に入った音色が出せる、出せないはモチベーションに深く関わってきます。

ですので、いきなり高額なサンプル音源を買い足すという方法が良い場合もあるでしょう。
そうすれば良い音色は保証されます。
でも、ショボイ音色を試行錯誤して良い楽曲を作るという経験も大事ではあります。

それに、こればかりは一概にどちらが良いとは言えませんが、ソフトを買い足すという事は必然的に覚える事が増えてしまいます。

なので、一曲完成させてから購入、という形が一番良いかもしれません。




ちなみに、私は中学校の頃にはこんなもので作曲をしていました。

かなでーる

そうです、スーパーファミコンソフトです(笑)
当時は音楽を自分で作れるというだけでワクワクして、このソフトを使っていました。
今考えると、よくあんな操作性の悪いもので作ってたな、と感心してしまいます(笑)
でも、このソフトは割とDTMと同じ要素があります。
DAWの打ち込みの機能とプレビューの機能だけを持ったソフトですね、いってみれば。
まぁ保存も出来たか。

こんな動画がありました。

こんな感じです、懐かしい(笑)
トラック(楽器数)が8個まで作れて打ち込みは譜面だったんですよね。
だから私はこのゲームで音符を覚えたと言っても過言ではないです。
まぁほんとにゲームのBGMレベルの音しか作れないんですけどね。

で、高校生になってすぐくらいにこんなソフトを使っていました(笑)

音楽つくーる

はい、プレイステーションへランクアップです(笑)
プレステになって少しだけ音が良くなったんですよね。
あと操作性も良くなりました。(今考えるとキツイけど)
あとミキサー画面が見やすくなったのが楽しかったですね。



そして高校卒業後くらいだったかな、次はこれを使ってました。
ミノ式MIDIシーケンサーです。



正直いって音質は音楽ツクール3となんら変わらない感じですね。
ただパソコンで使えたので汎用性は高かったです。
このソフトでドラム、ベースを打ち込んでました。

そしてオーディオを編集するために、こちらのAudacityというソフトも使いました。
というかこのソフトは今でもたまに使います。


このソフトに関してはもうほとんどDAWみたいなもんですね。

あとはボロいMTR(マルチトラックレコーダー)という機材ですね。

MTR.png

写真のような良いものは使ったことないですが。
これは簡単に言ってしまえば、アナログ盤DAWみたいなもんですよね。
CUBASE使い始めてからはこれを使う気にはならないですね。



といった感じで私の昔話になってしまいましたが(最近昔話をしたがってしまう)、こういうソフトにちょっとでも触れたことがある人は、一気にCUBASE操作のハードルが下がります。
当たり前ですけどね・・。


これでDTMを始める前の記事は終りです。

次回からは実際にCUBASEを操作していきます。



次→ インストールとプロジェクト作成
スポンサーサイト

最低限必要な音楽知識

前回の記事→ 作りたい楽曲の決定



複雑な音楽理論はもちろん必要ないのですが、最低限分かってないとキツイです。

一応完成させることは出来ますが、最低限のルールを守らないと素人っぽさが出ます。
これを個性とポジティブに受け止めれるのであればいいのですが、私はそう思いません。




まずは不協和音を出さないことを覚える。

あえて不協和音を出すという方法もあるのですが、これは作曲が上手い人がやるから良いのであって、初心者が作り出す不協和音ほど不快なものはありません。

なので必須の知識となります。

まず、1音(全音)と半音を覚えます。

例えばの半音上はド♯ですね、ドの1音上はですよね。

ここまではいいですよね。


理論を考えると面倒なので、私の場合は耳で確かめます。
たとえばド・ミ・ソの三和音があったとします。

この和音をずっと鳴らすとします。

鍵盤


そこでファの音を加えてみて下さい。

不協和音になると思います。

理由は簡単です。

半音上(下)の音を同時に鳴らすと不協和音が生まれます。

ちなみにドミソの和音を「Cメジャーコード」というのですが、別に名前は覚えなくても大丈夫です。

ということは・・・

ドミソの和音の上にボーカルを乗せるとしますよね。

鍵盤2


その場合、図の赤い部分、シ、ド♯、ミ♭、ファ、ファ♯、ソ♯、の6個の音は不協和音になるわけです(半音隣のね)。
ただし、同じ音でも1オクターブ上や下は大丈夫だと考えてもらって大丈夫です。
この辺の理論を詳しく学ぶと作るのが難しくなるだけなので、とりあえず半音はぶつかるって覚えましょう。


ただ、最初に書いたのですが、私は耳で確かめますと書きました。
これに関しての記事は作曲法講座にて書こうと思います。




次に必要なのがキーに関する知識ですね。
カラオケでよく使うキー変更ボタンで有名ですよね(笑)

・・・この知識は非常に重要なのですが、挫折への一歩となるところであります。
音感の良い初心者の方はこんな知識覚えなくても感覚でいけます。

簡単に言うと、キーによって使うコード(和音)が変わってくるということなのです。

ここは慣れてきてから覚えて下さい、なのでいったん省きます。
実はこの知識を覚えなくても作曲できる回避法があります。
この内容も作曲法講座にて記事にします。




とりあえずはこれだけ覚えて、黒い色の鍵盤を使わないように作曲していきましょう。
黒鍵盤を使わないで作曲すれば、一応キーの概念は考えなくても大丈夫です。
あとは耳で聴いて、不快な音は排除し、気持ちいい音は積極的に入れていく、そんな感じです。

決して記事を書くのが面倒なわけではありません、当ブログは最短距離で初心者の方を楽曲完成まで導くことです(笑)




次→ CUBASE 7について

作りたい楽曲の決定

前回の記事→機材を揃えよう


ある程度機材が揃ったら、早速楽曲作成に入りましょう。

よくある作曲方法で、車に載ってる時、またはお風呂に入ってる時、または電車に載ってる時・・

そんな時にメロディが浮かぶことってあったりすると思います、鼻歌とかでも。
メロディーが空から降ってきたとかほざく人もいるかもしれません(笑)
さて、このメロディーを楽曲にする??

この作曲法はやめましょう。

作曲に慣れてる人ならいいのですが、いきなりボーカルのメロディーを作るのは難易度が高いのです。
詳しい理由は省きます。(そのうち記事にする予定)

ですので、決して浮かんだメロディーから作るのはやめましょう。

ただし、そのメロディーをストックする事で後々使える場合があります。

メロディーラインをストックだけしておきましょう。しなくてもいいです。


はい、イラストを書くのに下書きが必要な様に、音楽にも下書きが必要です。
音楽の下書きとなるもの、それは・・

自分の好きなアーティストの曲です。

これが今回の最重要ポイントとなります。

よく、誰々に似てる、だとか、あの曲のパクリだ、とか、、、

このご時世に完全にオリジナルな楽曲を作るのは不可能です。
全ての音楽ジャンルがこの世に出尽くしています。
新しい音楽ジャンルを作りあげる才能があるならプロになりましょう。


自分のリスペクトしているアーティストの楽曲にインスパイアされて自分流にアレンジする。
たぶん、ほとんどの人がこの手法をとっていると思います。

平たく言うとパクりです。
ただし盗作は犯罪なのでやめましょう。
盗作はそのまま同じ楽曲にしてしまうことなので、意味が違ってきます。


例えば、私の作ったこの楽曲。


Empty Search powered by ピアプロ

実はこの楽曲はこちら↓↓↓の曲を参考にしています。



はい、全然似てないですよね。
coldrainカッコイイですね(笑)

話は戻りますが、このように意図的にアレンジを重ねてまったく別の曲にしていきます。

アレンジの方法は以降、作曲講座にて解説したします。

これだけ変えてしまえば、パクってもオリジナル楽曲になってしまうのです。

ダメな例↓↓

これが先発売の原曲「ロマンティックあげるよ」です。

かなり古いですが、私もちっちゃい頃見てました。

で、これが問題の曲


はい。初めて見た人ですが・・・
似すぎです、そっくりというレベルじゃないですね、もはや同じです。驚愕です。
ここまで似てしまうと盗作と言われても仕方ないでしょう。
バレるに決まってるじゃん、ってかんじですね。
当時はインターネットが普及して無かったからいけたんでしょうねきっと。



楽曲はホントにアレンジが最重要です。
例え今のダメな例のように同じメロディー、同じリズムでも、アレンジでまったく別の曲にさせる事が出来ます。

アレンジの方法は自由です。


今回のポイント
・下書きとして真似する楽曲を決める


こうすれば、楽曲作成の時短にも繋がりますし、クオリティアップにも繋がります。
結果的にオリジナルな感じにすれば何でもありです。

たくさんあるプロの楽曲を真似しない手はありません、仕事と同じです。

きっとあのバンドはあのバンドをパクってる!とか、そういう発想も無くなりますよ、DTMしてると。


では今回はこの辺で終ります。

次回は、さっそくDAWを・・・の前に、必要最低限の音楽知識に入ります。




次→必要最低限な音楽知識 

機材を揃えよう

DTMを始めるにあたって、まずは必要最低限の機材を揃えましょう。

機材を買う前に、どんな曲を作るかで若干ですが買うものが変わってきます。

単純に言えば、高いソフト、高い機材を買えば、ある程度のクオリティは保証されます。

まぁ当たり前ですよね、料理と一緒ですね。

単純にギター、ベース音源、ドラム音源、その他楽器、シンセ音源、VOCALOID音源等・・・
必要以上に凝り始めると無駄に買い漁ってしまいます。

よくゲームソフトの大人買いってあるじゃないですか。
4~5本買って、開封せずに放置みたいな。

買い漁るのは基本的なDTMの操作を覚えてからにして下さい。

買って満足!で終わるのが目に見えてます。

では、必要最低限のアイテムを見ていきましょう。



まずパソコンですね。
実はどんなパソコンを使うかでモチベーションが変わってきます。
あまりにもスペックが低いパソコンだと途中で挫折する原因にもなります。

理由としては、DTMって想像以上にパソコンへの負担が大きいためです。
ショボイPCだと何個かエフェクトのプラグインとか付けて録音するだけでクラッシュします。
リアルタイムで大量のデータを読み込む必要があるので、メモリが重要となります。

DTMを始めるなら、BTOパソコンにして下さいね。安いですし。
CPU、メモリ、HD容量、予算が許す限り高性能のものを選んで下さい。



メモリは最低でも4GBは欲しいです。
実際始めてみると、4GBでもキツイかなって思うはずです。

ちなみに私は16GBです。
16GBとかあっても楽器の数が増え過ぎるとフリーズします。

たくさん楽器使いたいなって人は無駄に大きなメモリを積んで下さい(笑)

なので必然的に32bit環境だと確実に苦しいです。
まぁ32bitでも曲の完成まではたどり着けるのでご安心下さい。

買うなら、ドスパラマウスコンピューターとかがいいでしょう。

※バックアップ用HDも必須になりますが、曲を完成させる目的なので無くても大丈夫とします。




次に、モニター用のスピーカー、またはヘッドフォンが必須となります。

モニタースピーカ


DTMやりたい人でイヤホンだとか、純正のスピーカーだとか使う人はいないと思いますが。

安いもので結構ですので楽器店でお買い求め下さい。

家電量販店とかで買わないで下さいね、地方では音楽用のものはまず売ってません。

サウンドハウスなんかで適当に安いのを買ってみましょう。

モニター用の物は、無駄に低音を付加されたりと無駄な加工がなされずに聴こえるので、ミックスという作業の時に必要になるのです。

イヤホンとかでも曲完成させるだけなら可能ではありますが、そこまでクオリティ下げたらDTMする意味が無いので必須品とさせて頂きました(笑)

よくお勧めされてるヘッドフォンがSONYのMDR-CD900STです。

ヘッドフォン

なかなか高いです。ちなみに私は使ってます。
一つ一つの音色が本当に聴こえやすくて、初めて使った時は驚いた記憶があります。

あんまり考え込まないで好きなの買ったらいいかなと思っちゃいますが。




次に、DAWと呼ばれるものが必要となります。

デジタル・オーディオ・ワークステーション、ダウです。

個人的な感想になりますが、初心者の方にはCUBASE(キューベース)をオススメします。

cubase7.png


理由としては、分かりやすいインターフェイスだからです(笑)
見やすくて操作がしやすいですね。

このソフトを使うことによって、打ち込みから録音、ミックスからマスタリングという色々な作業が可能になります。

ちなみにこのソフトにもバージョン違いがあって初心者の方はどれを買ったらいいのか迷うと思います。

●CUBASE 7
 これを購入すれば間違いないですが、ちょっと高いので初心者がとっつきにくい一因となっています。
 
●Cubase Artist 7
 普通のCUBASE 7より機能が減って安くなっています。VOCALOIDの使用程度の使い道でしたらこれで事足ります。
 ただ、ここまでの予算があるなら、最上位を買ったほうが良い気がします。

●Cubase Elements 7
 とりあえず楽曲完成させたいだけならこれでも事足ります。
 ただ、このバージョンだとVOCALOIDの使用が辛いです。
 理由は「VOCALOID for cubase」というソフトが使えないからです。(このソフトに関しては今後出てきます)

☆まとめ☆

最上位バージョンのCUBASE 7と何が違うのかを簡単に説明すると、オーディオ録音に関する編集機能が違います。
要するにボーカルの編集、ギターの編集と、生音系統の編集機能が優れています。
個人的にはその機能かなり使います。コードアシスタント機能とかも結構使うし。
あとは今後バージョンアップする場合にも最上位のバージョンは有利です。

末永く使う場合は最上位を購入しちゃいましょう!


サウンドハウスなら若干安くてすぐ届きますよ。

高いDAWを購入することによって「楽曲を作らなきゃならない」というプレッシャーがかかるので挫折しずらい環境にもなります(笑)

ちなみにYAMAHAのDTM関連の製品を購入するとバンドルで最下位バージョンのDAWが付いてくることがありますので、それを使えば大きなコストダウンになります。




次にギターですかね。

何だかんだで必須の楽器ですよね。
どんな楽曲にでも使えますし。

ギターは無くてもDTMは出来ますが、ギターの録音はクオリティアップにも繋がりますし、最低限の音楽知識にも繋がるので必須事項かなと思います。ピアノやってる方はそれでもOKですね。
ちなみに私はピアノ苦手です(笑)

自分はギター下手だから・・・とか落ち込む必要はありません。
下手でもある程度のクオリティまではいけます(笑)
私も正直いってギターにそこまで自信ないですし(笑)
日々精進していこうとやってる訳です。
DTMは自分の演奏を何度も聴いて、何度も録り直すので、自分の演奏のダメな所が見えてきます。

スタジオとかで生バンドで演奏とかだと、爆音で掻き鳴らしてあたかも自分が上手いような錯覚に陥ります。
ですがDTMでは顕著に自分の実力が分かってしまいます。

逆に言えば、ダメな所が分かるので上達もしやすいです。
私は下手だけどギター録音は楽しいです。ドラムパターンをループで再生して独りセッションとか気軽に出来ますし。


ギターの打ち込みは個人的にはオススメしません。
理由としては、打ち込む手間が非常にかかります。そして手間をかけた割にギターの打ち込みは音がショボイです。
ギターの打ち込みに時間をかけるぐらいならギターの練習した方が効率的です。

と、言いましたが、ギターがどうしても弾けないという方でも大丈夫なのがDTMです。
実は、有料の別売り音源(サンプラー)や、DAWに付属の生音源を使うという手もあります。(めんどいけど)
決まりは無いのでギター無しでもいいですし、コードを担当する楽器をキーボードで補ってもいいですし、シンセサイザー多用したテクノっぽいのでもいいですし、何でもありですね実際。



ということで安いギターでいいのでゲットしましょう。適当に中古とかでもいいですし。




はい、あとオーディオインターフェイスですが、最近は結構有名になった言葉かと思います。

ur22.png


物理的な話は省きますが、要するにこれが無いとギターの音やボーカルの音が録れないと思って下さい。
あと、普通はオーディオインターフェイスにスピーカーやヘッドフォンも繋げてつかいます。

私はUR22という製品を使っています。

購入理由は、安いのと、何となくCUBASEで同じメーカーだし交互性みたいなのが良いのかな?
なんて思ったのが理由です。

あとはASIOドライバーに対応してる物を選ぶのが必須です。
これは簡単に言えば、規格の名前なんですけど、これに対応してないとまずDTMは出来ないと考えてもらって大丈夫です。まぁこれに対応してないオーディオインターフェイスってあんまり見かけないので大丈夫だとは思います。

※実際には、何bitまで対応なのか、マイクは使えるのか、ハイインピーダンス(出力信号を大きくする)は?など、確認する事項は多々あるのですが、よっぽど古いのを選ばない限りは大丈夫です。




次にMIDIキーボードですね。

midi.png


実際にはこれは無くても大丈夫です。

大丈夫ですが、これが無いと挫折への一歩となります(笑)

これがあるのと無いのとでは、楽曲完成への道の距離が全然違うのです。
一つの音色を確かめたい時だったり、ボーカルのメロディを考える時だったり、ピアノ系統を打ち込む時だったり、リアルタイムMIDI入力をする時だったりなどなど・・

割りと初心者でも使います。

これこそ適当に安いのでいいと思います。
何でもいいですこれに関しては本当に。

ただ、こういうアイテムに愛着が沸く沸かない、ってのはモチベーション維持に関わってくる事なので、デザイン性に優れたものとか買ったらやっぱり楽しいですよ。

とは言っても、無駄にツマミの多い上級者向けのキーボードは宝の持ち腐れ状態になるので、プロでも無い限りは必要性を感じませんね。





必要最低限の機材が上記のものとなります。

慣れてくると、車の改造とかと同じようなもんで色んなものが欲しくなります。

いくらでもお金がかかっちゃいますので、あんまり商品を見ないほうがいいですよ最初のうちは(重要)

あとはVOCALOIDに歌わせたいならVOCALOIDソフトも必須ですね。
ちなみに自分はGUMIとLilyを使っています。

vocaloid.png


理由としては、一番人間っぽい気がするからですかね。
あんまボカロ曲って聴かないんですけどね・・

VOCALOIDのソフトですが、使ってみると案外難しかったりします。
特にイングリッシュ版はオススメしません。
操作が難しい上に発音されないバグがあったりなんだりで大変です。



あと、自分で歌うならマイクも必須でしたね。
ダイナミックマイク(カラオケとかにあるやつ)と、コンデンサーマイク(なんかプロっぽいやつ)がありますが、ダイナミックマイクでいいでしょう。
適当に安いの買ってみましょう。

最初はスカイプ用のマイクとかでもいいんじゃないでしょうか(笑)


あんまり色んな商品を見るときりがないですがサウンドハウスとかで色々見てみるのも楽しいです。

今回は以上です。

次回もDTMを始めるにあたっての章となります。




次→ 作りたい楽曲の決定

初めに

今日から、こんなサイトがあったら良かったのにと、3年くらい前から思ってたブログを始めます。
それは、難しい内容を一切省いたDTM初心者講座です。


DTMの操作を教えてくれるサイトはいっぱいあると思いますが、曲完成までの流れにそって必要最低限の内容を解説してくれるサイトは少ないと思いますので、本当にDTMが初めてという方にオススメします。
コンプレッサーのスレッショルドがなんちゃらかんちゃらだとか、とりあえず覚える必要はないのです(最初はね笑)


DTMを覚えていくにあたって覚える順序が非常に大事ですので、いきなり高級なソフトの使い方とか見ないで下さいね。
挫折への第一歩となりますよ(笑)



一曲完成させるまでの工程は、必要最低限の内容だけ見ていけば非常に簡単です。




まずは適当に作ってみましょう。



この適当という気持ちがとても大切だと私は思います。
一度、完成までの流れを掴んでしまえば激的に覚えが早くなります。


次回から、機材を揃える所から、ミックスダウン(曲をファイルに書き出す)までの必要最低限事項に沿って進めていきます。

まずはショボくてもいいので流れを掴みましょう!

私の周り(田舎)にもDTM人口が増えることを願って(笑)




次→ 機材を揃えよう
[ 2014/07/09 17:31 ] ①DTMを始める 初めに | TB(0) | CM(2)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。