スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ツールバーの基本知識

前回の記事→ インストールとプロジェクト作成




さて、インストールとプロジェクト作成出来ましたでしょうか。

あと、ちょっとここで追記がありました。
割とわからないかもしれないスピーカーとヘッドフォンなどの接続方法です。

DTM用に購入する場合、スピーカーもヘッドフォンも基本的に標準サイズのフォーンプラグの接続が望ましいです。
というかは、そこそこのクオリティを出したい場合は必須です。

ギターのシールドなどでみかけるこれです。
fo-nnpuragu.png

一般的に使われてる小さなプラグ(ミニフォーンプラグ)のやつってありますよね、イヤホンだとかそういうのに。
そういうのは基本的に使えないです。

理由は音が悪いからです。

それに変換ジャックをつけて標準サイズに変換する方法もありますが、あまりオススメしません

理由はノイズが入り正確なモニタリングが出来ないからですかね。
最初のうちはそれを代用してもいいのですが、モニタリング環境がショボイと脱落の原因になるので、私的には非常に重要な部分かなと思ってしまいます。

まずはヘッドフォンかスピーカーどっちかひとつでもいいので音楽用のものを用意しましょうね。
詳しくは「機材を揃えよう」を参照下さい。




ではCUBASEでよく使う基本操作を説明します。

全てを説明すると膨大な記事になってしまいますので、必要最低限のものから紹介していきます。
順番にゆっくりいきましょう(^_^;)

ツールバー


プロジェクト画面上部のツールバーの部分ですね。
赤い丸で囲ってあるところはよく使います。それ以外のボタンは初心者だとあんま使わないです。
一応右から順番に軽く説明します。

右から・・・
プロジェクトの有効化ボタン
もし有効になってなかったら押すのみ。
複数のプロジェクトを同時進行で使うときに使用します。まぁまず使いません。

ウィンドウレイアウトの設定ボタン
そのままでOK。なんかいつもと違うレイアウトならこれが原因。

プラグインディレイ補正の解除ボタン
レイテンシーの話で触れた、内臓のレイテンシー補正機能を解除するボタン。
解除する必要性はテクニカルな事をしない限りは無い。

オートメーションモードボタン
オートメーションについては別記事で書きます。
初心者のうちはちょっと難しいのでオートメーションは覚えなくてもいいです。
マクロ機能みたいなもんです。

オートスクロールボタン
赤い丸で囲ってあるやつです。基本的にDAWでは楽曲の進行と共に画面は右へと進みます。
楽曲再生時に、カーソルが右へと移動します。
カーソルが端へ行くと、自動で画面も切り替わるのですが、このボタンがオフになっていると画面はその場から動きません。
基本的にはオンのままでオッケーだとは思うのですが、なぜこれをよく使うかといいますと・・

キーボードの「F」でオンとオフを切り替えることが出来るので、気づかないうちにFが押ささって画面がスクロールしない!
原因がわからない・・・となります。(笑)
落ち着いてこのボタンを押してONに戻しましょう。

再生ボタンなど
はい!ここで良く使うっぽいボタン登場ですね!これは再生ボタンといいまして楽曲をs(ry




トランスポートパネルと呼ばれる便利なものもあります。
トランスポートパネル

これはかなり使います
見ただけで直感的に操作しやすくなってます。
編集画面やミックスコンソール画面など、色々な画面でコチラのパネルを使用出来るのが便利です。
とりあえずは良く使うことと、存在と名前だけ覚えて下さい。

以降、このブログではこれをトランスポートパネルと呼びます。




次は右クリックで出現するツールバーです。
ツールバー2
当たり前ですけどめっちゃ使います

なかなかのマウスさばきが必要となりますが、すぐ慣れます。(笑)

同じツールバーが画面上部にもありますが、基本的には右クリックで使います。
ある特殊な操作で上部のツールバーを使用することもありますが、今は必要ないでしょう。

これも名前と存在だけは覚えておいて下さい。

以降このブログではこれをツールバーと呼びます。





●必ず覚える必要があるショートカットキー

今日は最後に絶対に覚える必要があるショートカットキーをご紹介します。

ショートカットキーは当たり前ですけど、たくさんあります。
ですので全部はここでは書きません。
というより、初心者のうちはあまり使わないほうがいいです。
いちいちショートカットキーの作動で結果説明が出るほどこのソフトは気が効いてません。
だから慣れないでショートカットキーを使用すると誤作動が必ず起こります。

ただし、今から紹介するショートカットキーは頻繁に使用するので覚えて下さい。


コピー&ペースト
[Ctrlキー+C]  コピー
[Ctrlキー+V]  ペースト

です。
コピペはめちゃくちゃ使うので必須です。

トランスポートパネルの表示切り替え

[F2キー]

表示、非表示を切り替えます。
よく使います。

ミックスコンソール画面の表示切り替え

[F3キー]
表示、非表示を切り替えます。
よく使います。

イベント画面の左右の拡大縮小
[Gキー] [Hキー]
イベント画面の上下の拡大縮小
[Shift+Gキー] [Shift+Hキー]

楽曲再生&停止
[スペースキー]


とりあえずはこれだけ覚えれば充分、楽曲が作れます。

それでは今回はこの辺で終りにしたいと思います。

次回は、MIDIについて触れていきます。



次→ MIDIとトラック作成
スポンサーサイト







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。