スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

MIDIの入力

前回の記事→ MIDIとトラックの作成




では、MIDI入力をしていきましょう。

まずはドラムを打ち込んでみましょう。
ドラム、ベースなどのリズムを担当する楽器から作ると、アイデアも浮かびやすくなります。

ベースは曲全体のルート音(基準の音)のベースとなる部分も担当するので、最後に作ってもいいです。

私はドラムから作ることが多いです。

まず1小節でいいので作ります。
あとは適当にコピペしていけばいいのです。

曲全体の形が見えてきたら、あとから手を加えれば良いわけですので適当に作りましょう。

まずは簡単な8ビートのシンプルなリズムで練習しましょう。




CUBASE7にはGroove Agent ONEというドラム音源ソフトが入っています。

GAO.gif


基本的にドラムはこれで作ることになると思います。
一応、前回紹介したHALion Sonic SEにもドラムの音源はあるのですが、どちらかというとこっちの方が良いかもしれません。

別売りドラム音源ソフトとの大きな違いとは何なのだろう?と思いますよね。

違いとして、色んな複雑な機能が付いていたり、音色の数が多いということが言えます。
音色の数が多い、というのは、例えば同じスネアの音であっても、実際に叩く位置や、強さ、部屋の大きさ、スネアの周辺のバスドラムやハイハットなど、色んな影響を受けるわけです。
その為、単音が色んなパターンで収録されており、なおかつ、ドラム演奏の流れから自動で自然に聴こえる音をチョイスしてくれる(例えば連打であったり)など、非常に高機能になってます。



こちらのGroove Agent ONEは、どっちかっていうと、そういう複雑なことはしてくれないです。
長所は、ソフトが軽いことぐらいでしょうか(笑
ただベロシティ(音の強弱)などによる音の変化はあります。

決して音が悪いわけではありませんので、他のソフトを買う必要は実際のところあんまり無いです。
むしろ音楽に詳しい人じゃないとその違いなんてあんまり解らない事が多いです(笑

このソフトの細かい使い方は覚える必要はまったくありません。
というかDTMをしてると数多くのソフトを使いますので、よっぽどプロでも無い限り、全部のソフトの使い方を詳しく知ってる人なんてまず居ないと思います。
(適当にいじってたら何となく全てのソフトがある程度、感覚で解るようになります)


音を鳴らしながら適当にいじってみる。
これにつきます。

では入力していきます!




まず、前回説明した方法でドラムのトラックを作成します。

GAO1.2

「ドラムマップなし」となっている部分を「GM Map」にします。

これは音の長さなどの無い、ドラム専用の入力マップになります。

GAO1.1

鉛筆ツールを使用し、マップを適当に作ります。
そしてこの部分をタブルクリックし、ドラムエディターを開きます。

GAO2.gif

スティックツールを使い、図のように入力してみて下さい。
(音源プリセットは何でもOK)

左側に、MIDIキーボードに対応した音階が記されています。
音色の名前を見れば一発で分かりますよね。

これで簡単な8ビートのリズムが1小節分完成しました。(笑
あとはこれを曲の最後までコピペすれば、取り敢えずはドラムの完成です(笑

コピペの方法は以前の記事を参照下さい→ツールバーの基本知識

はい!強引ではありますがこれでドラムは完成(仮)なんです!
次はベースの入力をしていきます。




次→
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://samisami777.blog90.fc2.com/tb.php/10-35aec01a









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。